ごうだ神経内科医院

【ごうだ神経内科医院】福岡市南区の内科,神経内科,リハビリテーション科

〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原3-24-26 ビラージュ大長2F
TEL 092-554-2020

オンライン診察

外国人向けのHP(English page)

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

医師の紹介

ご挨拶

院長写真


ごうだ神経内科医院では神経内科の専門的診療を行っています。

神経内科ときいて、どんなことをする科なのか知っているひとは多くはありません。精神科や心療内科のような、心の葛藤を扱う診療科と誤解されることもしばしばです。

神経内科は、脳から脊髄、末梢神経、筋肉にいたる神経系全般の病気の診断と内科的治療を行う科です。

頭痛やしびれでお悩みの方、ふるえやめまいでお困りの方、意識を失ったり、物忘れがひどかったりが心配なかたも、一度は神経内科で診察を受けてみてください。

いろんなところにいったけれど診断のつかなかった「めまい」が神経内科の簡単な診察だけで診断がつくこともあります。

ひとりひとりの患者さんからじっくりお話をうかがって、入念な神経内科的診察を行いますので、あまり大勢の患者さんを診察することはできませんが、それぞれの患者さんとの出会いを大事にしていきたいと考えています。

 

経歴

【合田周一郎】

昭和31年(1956年) 京都府生まれ
昭和50年 久留米大学附設高等学校 卒業
昭和56年(1981年) 九州大学医学部 卒業
医師国家試験合格
昭和56年~58年 沖縄県立中部病院 臨床研修医(1年目は内科、外科、小児科、産婦人科、
救急室など各科ローテート、2年目は内科レジデントとして)
昭和58年
昭和58年〜59年 
九州大学医学部神経内科 入局
東京都立神経病院神経内科 医員
昭和59年~62年 九州大学神経内科 医員
昭和62年~平成2年
(1987年〜1990年)
アメリカ合衆国国立衛生研究所(NIH)
客員研究員(VisitingFellow)
平成2年~10年 九州厚生年金病院(北九州市) 神経内科医長
平成10年~12年 福岡徳洲会病院(春日市) 神経内科医長
平成12年(2000年)4月 ごうだ内科医院開設
平成19年(2007年)5月 医療法人 ごうだ神経内科医院に法人化


                   マイキーなど

 

専門とする疾患など

■パーキンソン病
現在定期的に当院に通院中のパーキンソン病の患者さんは約150名おられます。それぞれの患者さんに応じた内服薬による治療のほか、理学療法士によるリハビリも行っています。

■パーキンソン症候群
パーキンソン病に似た歩行困難やふるえなどの症状はあるけれどパーキンソン病とは言えない状態をパーキンソン症候群と呼びます。脳卒中の後遺症のほか、進行性核上性まひ、大脳皮質基底核変性症などの珍しい難病も含まれます。

■頭痛
初診の患者さんでは頭痛が多く、必要に応じて当院で脳CT撮影、脳波検査を行い、MRIなど更に精密検査が必要なかたには、近隣の病院(九州中央病院、福岡赤十字病院、福岡徳洲会病院など)をご紹介しています。
頭痛のなかでも片頭痛については、いろいろのお薬があり、個々の患者さんの病状に合ったお薬を処方するようしています。

■認知症
単に物忘れがひどかったり、勘違いが多くなったりするだけでなく、言葉が出にくくなったり、仕事が上手くさばけなくなって気付かれる方もあります。もともとは温厚な方が、怒りっぽく、疑りぶかくなってしまうのも認知症の症状であることがあります。

認知症と思われている高齢者の方の中には、突然動作が止まり短時間一点を見つめていたり、口をもぐもぐしたり、意味もなく手を動かしたりする、「側頭葉てんかん」の患者さんが混じり込んでいることがあります。この場合、てんかんのお薬を少量服用するだけで「認知症」と思い込んでいた諸症状が消失してしまうこともあります。

■意識消失発作、てんかん 
突然意識を失い全身を痙攣させて倒れる発作を反復する場合、てんかんが疑われますが、全ての意識消失の患者さんがてんかんであるというわけではありません。診断のためには脳波検査が不可欠です。上記の「側頭葉てんかん」のような部分てんかんの診断にも脳波検査は必要です。当院では約100名のてんかん患者さんが通院中です。お薬をきちんと服用することによって、発作をほとんど止めてしまうことも可能です。最近は新しいてんかんのお薬も利用できるようになりました。

■末梢神経疾患
手足がしびれる、力が入りにくいなど、末梢神経の病気の診断には、神経伝導速度検査や針筋電図の検査が不可欠ですが、当院ではほとんどその場でこの検査を行うことが可能です。

 

所属学会・認定医など

日本神経学会会員 
日本神経学会専門医
アメリカ神経学アカデミー会員 
日本内科学会会員
日本末梢神経学会会員
運動障害学会(Movement Disorders Society)会員
日本てんかん学会会員